コラム

土地所有権 仁義なき闘い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土地測量の際にトラブル起こすのは、何も人ばかりでは無い。

時にその土地の地主は人とは限らないからだ。

今日はそんな不法占拠にも似た、土地の所有者の話。

とある古びた倉庫のある、土地の測量をしようとした時だった。

地主が現れた。

いい面構えをして、こちらを睨んでいるではないか。

地主はどうやらご機嫌が悪かったらしい。

のしのしとこちらを睨みながが、近づいてくるではないか!

ふうううぅぅぅ!

唸り声をあげる。

そう、地主とは倉庫に居ついた野良猫である。

f:id:ybobcat:20190309160505j:plain

猫とはいっても、かなり大きな猫で威嚇されるとそれなりに怖い。

何が気に入らないのか?

やはり、お気に入りのテリトリーに珍入者が来たことか?

うわぁぁぁぁぁおん!ふぅぅぅぅ!

尚も威嚇する。

私の家には妻の飼い猫が5匹も居る。

どれも人懐こく、従順でこんな怒った猫は初めて見た。

わあぁぁぁぁぁおおおおおおん!

流石にビビった。

ふと、何気にポケットに手を入れると、今朝、家猫にあげたおやつの

「チャオちゅーる」の残りが・・・

慌ててそれを投げると、地主はサッと咥えて寝所の倉庫に一目散。

事なきを得た。

交渉成立。

腹が減って、気が立っていたのか?

人間にもチャオちゅーる並みに効果的なおやつはあるまいか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る