コラム

倫理法人会での講話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご縁があり、那須野ケ原矢板倫理法人会のモーニングセミナーで
終活についての講話をさせて頂く機会がありました。
妻が現在、そこでの女性委員長を務めております。

コロナ問題が過熱する中で、経営者モーニングセミナーも
三ケ月間、zoom機能を使用したリモートでの開催でした。
そんなおり、終活相談について聞きたいとのご希望でした。

私も今年の二月より、当単会に入会し毎週土曜日の早朝に参加しております。

私は現在、栃木県行政書士会の副会長をしており、新規会員向けに講話をする機会は多々ありましたが、一般の方向けは余り機械がありませんでした。

時間は40分程。

専門家の講話では無いので、できうる限り専門用語を使用しないつもりでした。
が、やはりついつい固く難しい内容となってしまいました。

とても興味深い内容で、もう少し聴きたいとのお声もありましたが、やはり難解な用語が多かったとの感想を頂きました。
私にとっても大変貴重な経験となり、今後の課題を沢山頂けこのような機会を頂けた事、大変に感謝しております。

体験・実行、=アウトプットはとても大切ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る